Reverse Engineering

RPVのリバースエンジニアリング受託サービス

X線CTスキャンやデジタイザなどを用いて
現物から3Dデータをつくる技術です

材質・大きさ・形状により、X線CTやデジタイザ(ATOS)を使い分けて3Dデータ(STLデータ)を作成します。

STLデータがあれば3Dプリンターで出力することが可能です。

また、設計図面や他の製品と寸法・形状を比較することが可能となります。

RPVのリバースエンジニアリングの特徴

装置の選定
二種類のスキャン装置と数多の経験により、大きさ・材質・ご予算によって最適な装置・手法のご提案が可能です。
STLデータの修正力
最も高い精度を引き出すため、状況に応じて複数のソフトを使い分けるノウハウがあります。詳しくは下記のSTLデータの欠陥や問題の修正についてをご覧ください。
多数の実績
自動車メーカー、重工メーカー、他多数のお取引実績がございます。
機密情報を含んでいるデータ等の取扱にも細心の注意を払っています。
価格
スキャンからデータの作成まで熟練したスタッフによる作業時間の速さ、間接費用の少なさから低価格を実現しています。

RPVのリバースエンジニアリングに使用する装置

RPVではリバースエンジニアリングにX線CT装置と光学式デジタイザを使用します。二種類のスキャンを使い分けて使用することで、内部と表面でデータが正確に取得できます。

X線CT装置の一例

試料内部までデータが取得できます。

光学式デジタイザの一例

製品表面に限りますが滑らかなデータが取得できます。

ボクセルデータからポリゴンデータを作成

X線CTでデータを取得するとボクセルと呼ばれる密度データを持った立方体を取得することができます。

これを集積することにより3Dデータを作成することができます。

リバースエンジニアリングの手順

  1. X線CTまたは光学式デジタイザでボクセルデータ、またはポリゴンデータを取得
  2. ボクセルデータの場合、ポリゴンデータに変換
  3. ポリゴンデータの修正(ごみ、エラーの消去、平滑化など)詳しくはこちら
  4. ご希望に応じてCADデータ化(IGES、STEPデータ化)

STLデータの欠陥や問題の修正について

リバースエンジニアリングは仕組みや構造を調べることを前提としているため、データの高い精度が求められます。しかし、STLデータなどの3Dモデリングデータは取扱が難しく、精度の高いデータを作成するには熟練した職人の技術が必要です。下記はSTLデータ作成の際によくある欠陥や問題です。

画像A
画像B
画像C
  • データ上に穴が開いている(画像A)
  • ポリゴン(三角形)が反転している。(画像B)
  • 形状が滑らかではない(画像C)
  • 位置関係が歪んでいる(そもそもボリュームデータが歪んでいる)

弊社での作成データは欠陥・問題がないかを確認しますので、このようなデータでお困りのことなどございましたらお気軽にご相談ください。

実際にリバースエンジニアリングでシリンダーヘッド(一部)を再現しました

車のエンジンパーツであるシリンダーヘッドをリバースエンジニアリングで再現しました。こういった内部構造や密度などがわからないものでも、リバースエンジニアリングにより正確なデータで再現が可能です。

シリンダーヘッド(実物)

シリンダーヘッド(一部再現)

内部まで完全再現

この画像はシリンダーヘッドを3Dプリンターで再現し、半分にスライスしたものです。オイル通路(赤色に着色した部分)やプラグの差込口まで忠実に再現されています。

また、外形を無色透明にしたうえで欠陥部分を赤色に着色した物を3Dプリンタで作成することも可能となっております。

納品可能なデータ

リバースエンジニアリングで出力可能なデータ形式は以下の形式になります。

3Dデータ

X線CTまたはデジタイザ(内容によっては両方)でSTL形式のデータを提出致します。IGS・STEP形式での納品もご相談ください。

寸法比較データ

設計図面(または他のサンプル)と寸法を比較し、色分けしたデータを作成致します。

肉厚データ

薄肉部分の厚みを色分けしたデータを作成致します。

納品可能なデータのサンプルダウンロード

リバースエンジニアリング受託サービスで納品可能なデータのサンプルデータをダウンロードできます。
※サンプルデータのダウンロードはサービス検討を目的とした使用に限らせていただきます。