九州2ストミーティング(Ⅹ線CT内部観察)

こんにちは、RPVです。
5月22日(日)に九州2ストミーティングに行ってまいりました。
場所は木魂館(阿蘇郡小国町)で、2ストバイクが好きなら誰でも気軽に参加でき気軽に参加できるイベントです。下の画像は開催前の10時頃の様子です。2ストバイクが所狭しと集合しており当日は全部で110台ほどが来場したそうです。この後も甲高い排気音と香りのいい?排気煙をまき散らしながら続々と集まってきます(^^;

2st1

主催者のご挨拶の様子です。震災直後だったので開催をかなり悩まれたそうですが意を決して開催を決断されたそうです。そのご挨拶には被災地と被災者を気遣う心遣いが感じ取れました。場所を提供している木魂館さんもゴールデンウイークから通常通り営業しているとのことで、機会があればぜひご利用をお願いします。

2st2

次からは集まってきた昔懐かしい2ストバイクの画像です。以前所有していた方もおられるのではないでしょうか?2ストバイクは生産が終了して20年以上が経過しており集まったライダーたちも部品が入手できなくなったりとその維持に苦労されているようです。懐かしさが一目でわかるようにノーマルに近い車両を掲載しています。中にはカッコよくカスタムされていた車両もたくさんありましたよ。

スズキGN50

2st3

ホンダ リード

2st4

ホンダCRM250

2st5

スズキ ハスラー

2st6

ヤマハ RZ350

2st7

ヤマハ DT50

2st8

ホンダ NSR250

2st9

ヤマハ RZV500とTZR250

2st10

スズキ RG500Γ

2st11

2st12

ホンダMVX250F 純正シートカウルと純正ダミーマフラーの工具箱付きです。

2st13

2st14

ヤマハ TZR250

2st15

ヤマハ RZV500

2st17

ヤマハ TDR250

2st18

2st20

ホンダ NS400

2st22

一番奥にカワサキKR250

2st23

ヤマハGT50 高校時代の同級生がたくさん載ってました。超懐かしいです。

2st24

2st25

2st26

ということで、楽しんでいただける方には楽しんでいただけたかと思います。ところで私もバイクを所有しており今回は興味本位でマフラーをスキャンしてみました。下の写真がⅩ線CTでスキャンするマフラーの外観です。材料はステンレスの板金で構成されていると思われます。

P4150012

そして、以下の画像がスキャンした画像です。左側がCTの断面画像で右側が3D画像です。3D画像は内部構造がわかりやすいですね。構造は溶接や曲げ加工が施されていますので製品自体にはそれなりに応力が残っていると思います。内部構造を確認するために物理的に切断したりするとその応力が解放されて内部構造が切断前と微妙に変わってしまうことがあります。このような場合はⅩ線CTにて非破壊で観察し寸法を計測する等したほうが理にかなっていると思います。写真をクリックすると拡大します。

マフラー

以下はY軸とZ軸方向からのカットイン動画ですが、あらゆる方向からのカットイン動画作成も対応可能です。

 

 

あと、ここ木魂館の近所には、この地が出生地で細菌学で有名な北里柴三郎記念館があるので見学しようと思いましたが残念ながら震災の影響で休園となってました。北里柴三郎は昨年ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智博士の北里大学の学祖でもあります。ものすごい偉人ですよね~!

2st28

昼食はこれまた徒歩ですぐ近くの「北里バラン」というレストランにいきました。

2st30

分厚い(赤牛?)の肉が入ったおいしいカツカレーをいただきました。

2st29

帰りに三愛レストハウスに寄ってみました。いつものこの時期でしたら大混雑の駐車場ですが震災の影響でしょうか、そこまでないですねぇ~。駐車場のみならず今回は観光バスをほとんど見かけませんでした。

2st32

こちらはバイクがよく集まる駐車場ですが、ここもいつもよりはかなり少なめです。この時期で天気のいい日曜日でしたら、あふれんばかりのバイクが集まってきます。この時間帯(お昼過ぎくらい)ですとたくさんの種類のバイクを見ることができます。いつものにぎやかさがないので少し寂しいですね。

2st31

うぶやま牧場立ち寄ってみましたが、いつもより少なかったです。

2st33

南阿蘇側方面にも足を延ばしてみました。南阿蘇は以前よりもの静かで以前とは雰囲気が違っていました。はやく以前のようにたくさんの観光客が訪れるにぎやかなで活気あふれる阿蘇に戻ってもらいたいものです。私もこれまで以上に足を運ぶなどしてできる限りの応援をしていきたいと思います。

下の写真は、今回の地震で崩落した阿蘇大橋の南阿蘇側から約1kmの場所で、あたりまえですが通行止めと立ち入り禁止になっていました。人によっては無視して侵入する人(子連れも)もいて状況が状況だけにちょっと神経を疑います。もちろん私はそのようなことはせずにUターンして帰路につきました。帰宅後にグーグルの衛星画像でこの場所の写真ですぐ右側もかなりちかくで崩落していました。

2st34

この後にグリーンロード経由で益城町を通って帰宅しました。益城町は私の自宅から数kmの位置にあり、阿蘇方面のツーリングや通勤路としてよく利用していました。益城町の震災後の様子はテレビで何度も見ていて、いつもの益城町が無残な姿となってかなりショックを受けていたのですが、実際に足をはこんで、自分の目で見てみるとさらに衝撃を受けました。自分の記憶している街並みのいたるところが誰かの意思で故意に破壊されたような印象でした。私の自宅も瓦が落ちたり、よう壁が崩落したりしましたがスケールとレベルが違いすぎました。以前に阪神大震災の時に被災した友人が「自然災害がどのようなもであるか今のうちに見に来い」と言われた意味が初めてわかったような気がします。私たちにできることは限られていますが益城町をはじめその他の被災地が早く復興できるよう小さいことから協力していこうと思います。

和包丁の内部観察

こんにちは、RPVです。

いや~今回の地震はすごかったです。ここ数日は家の中や外まわりの片付けで大変でした。

お見舞いや励ましのお言葉をいただいた方々へは、この場をお借りしてあらためてお礼申し上げます。

さて、早速ですが震災前に天草へ魚釣りに行ってきました。

釣り

釣果のほどは20cmくらいのアジが30匹ほど釣れました。

アジ

早速、持ち帰って食べるのですが、やはり釣りたてですと刺し身が最高です。まあなんにせよ食するのであれば魚を解体することになります。そこで必要なものが包丁です。最近は錆難く清潔感のあるステンレス製のものが主流ですが、私は鉄で鍛造して作られた手作り和包丁を使用しています。下の画像は熊本のある刃物屋(鍛冶屋)さんで購入した手作りの小出刃包丁です。

包丁2JPG

 

割り込みの和包丁の作り方は詳しくはないですが、包丁の元となる鉄の素材に刃となる硬い金属(これもまた鉄ですが)を割り込ませて鍛造するものだそうです。この異種(といっても同じ鉄ですが)の金属をいかにして熱と圧力により結合させるかが出来の良し悪しだと思います。

そこで、X線CTスキャナでスキャンして内部の状態が確認できないか興味本位でトライしてみました。仕事上ではこの金属同士がが見分けられるのかどうかが興味深いところです。予想としては同じ鉄と言う材質なのでX線の透過量が同じくらいなので見分けるのは厳しいかと思います。あとはこの金属同士がどのくらい接合(密着?)されているかも道具にこだわるものとしては興味深いところです。

下の画像で左の上下と右上の画像は断面画像で右下は3D画像です。赤丸は3方向から場所でリンクしており見やすくするために拡大率を変えています。やはり同じ鉄なので違いがみあたりません。

 

包丁

上の画像の左上拡大断面画像です。

包丁先端

次は先端からすこし真ん中よりです。同様に特に変わったところは見受けられません。

包丁2

包丁先端2

次は真ん中より少し後ろ側です。ここも特になにもないです。

包丁3

包丁先端3

最後は包丁のど真ん中あたりです。細長い空隙が見受けられます。これは本格的な割り込み包丁なのでこの部分の接合は厳しいのでしょう。まあ、この空隙があることが本格式の割り込み鍛造和包丁の証といえるででょう。包丁の切れを左右する刃の部分についてはどの部分も見事に接合されていました。やはり日本の鍛冶屋さんの手作り包丁は素晴らしいです。

包丁4

上の画像の右上拡大断面画像です。刃を割り込ませるためか少し隙間が存在します。

包丁割り込み

結論としては、一番知りたかった種類の違う鉄同士は予想通り見分けられないのと、包丁の重要な接合部には欠陥などなく刃の全てにおいて見事に接合されているのが確認できました。包丁を製作するにあたり金属を金属に割り込ませるので包丁の中心付近にはどうしても空隙が存在し、これについてはX線CTスキャナでは検出が可能でした。

このようにX線CTスキャンで観察が可能かどうか予測できない場合は、当社の無料サンプル撮影をご利用いただけたればと思います。お渡しできるのは断面画像が1~2枚程度ですが、依頼するかどうかの判断の材料にはなるかと思います。

和包丁は切れ味も素晴らしく簡単な手入れで錆の発生も防げますし砥石で研げば切れ味はかなり回復します。ステンレス包丁は材質が硬いので砥石では研ぐのは難しいそうです。

もちろんアジは、この和包丁でさばいて刺し身とフライにしておいしくいただきました。この包丁の品質は申し分なく今後も私の台所で末永く活躍してくれるでしょう。

※拡大画像はあとから追加で作成したので4分割の画像と若干位置がズレています。

震災お見舞いのお礼

お取引様 各位

この度の当地を襲った震災では、いち早く、ご厚情あふれるお見舞を賜り、ありがたく厚くお礼申し上げます。
当社においても、被害が及び、当初は営業ができない状態でしたが、本日より無事復旧することができました。
今後は、社員全員が一丸となって、今まで以上に業務に取り組む所存です。
甚だ略儀ではありますが取り急ぎ、ご報告かたがた、この場をお借りしまして、お見舞いのお礼を申し上げます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

平成28年4月19日

株式会社RPV

クシタニコーヒーブレイクミーティング

2016.04.09(土)
クシタニコーヒーブレイクミーティング in 三愛レストハウスに行って来ました。

11

12

 

となりではDUCATI さんもテントと展示車両を出してます。

13

 

AM10:00頃現着しましたが台数の多さに驚きです。
バイクシーズンに入ったので日頃お目にかかれない車両も有ります。

14

15

 

こちらは、いつも停める駐車場。
別駐車場でイベントをしてるため少ないですね。
ゴールデンウィークなどの行楽シーズンは物凄い数です。

16

 

コーヒー2杯ご馳走になり知り合いと話したあと帰ろうとしましたが
まだ、続々と来場中です。

17

 

道中のやまなみハイウェイは気持ちいいです。
九州に来ることが有れば、ご堪能して下さい。

18

 

今日はマスツーリングの方が多かったようですね。

19

20

 

8

以上が今回のクシタニコーヒーブレイクミーティング in 三愛レストハウスでした。

それではまた。。。

Enjoy Honda 2016

Enjoy Honda 2016 in HSR九州に行って来ました。

1

 

九州 熊本県に在る本田技研 熊本製作所に隣接するHSR九州
一般駐車場は熊本製作所内に有りました。季節がら桜が満開です。

2

 

朝一は肌寒かったのですが結構な人出です。

3

 

会場は車、バイクのと諸々の展示がされてました。
試乗会も開催されてました。

4

 

今回の個人的一押しは車はシビックTYPE R、バイクはAfricaTwin

5

 

HSV010とRCV213Vのデモランは圧巻でした。
普段聴くことのない爆音。
四輪のコーナリング、二輪の立ち上がり加速は異次元です。

6

 

RCV213V-Sのスポーツキット装着車両とロードマシン
合わせた金額で豪邸が建ちますね。

7

 

新旧のF1マシン

8

 

今回の変わり種

9

 

モーターショーと違いフレンドリーで現車も乗ったり触れたり、間近で見ることが出来ます。

展示会、試乗会のシーズンは始まってます、みなさんも足を運んでみては。それではまた。。。

V125ソレノイドバルブの内部

今回はCT業務から脱線しますが日々、通勤、買い物と大活躍のアドレスV125G(CF46A)の不調解決です。

1

 

アイドリングが不安定になりお約束のインシュレーター破損かと思い確認したところ破損無し。
となればソレノイドバルブかと思い見たところバルブの反発がない。

2

 

試しにCT撮影後、3Dモデルを作りましたがスプリングを確認できる画像がうまく出来ません。
X線は鉄、銅などの重金属が苦手で電磁コイル、磁石も金属の塊みたいなので苦手です。
スプリング単体ではOKですが質量の大きい物の中に有る質量の小さい物は画像化し難いです。

3

 

CT撮影を行うときは位置決め用にテスト撮影をします。
テスト撮影時に透視画像が付帯するのでその時の画像で見たところ
赤丸部が何かがおかしい事に気付きました。

4

 

バルブ部をバラしてみたところコイルスプリングが1巻折れてました。
これでテンションがかからずアイドリング不調となってるようです。

5

 

そこでスプリングの交換を考えてたときパーツクリーナーのノズルが目に入りました。
バルブに入れたところピッタリ。

6

 

2㎜ほどカットしてバルブの下駄代わりにして組み上げました。

7

 

取り付け後は2ヶ月使用中ですが問題なし。
純正部品は4千円ちょい、これを高いと取るか安いと取るかは個々の判断で。

あくまで自己責任でお試しあれ。  それではまた。。。

 

 

X線ってなあに?

こんにちは、Web担当です。 さて、弊社はX線CTを使って仕事をさせていただいている訳ですが。

そもそもX線とは?X線CTとは何でしょう?

さて、X線やCTの仕組みについて私が知る限り一番簡単に解説しているページが以下にあります。

http://logmi.jp/82721

(ログミー様のページ)

なお、上記ページでは人間が固定されていて、検出器が回転していますが、生き物以外を扱っている弊社関連のCTは撮影物のほうが回転するようになっています。検出器を回転させることは大変なのですが、人間を高速回転させるわけにはいかないので、仕方なく医療用のCTは検出器が回転するようになっています。

ほかにも医療用と弊社が扱う工業用のCTには違いがあるのですが、それはまた別の機会に書きたいと思います。

X線CT内部観察

こんにちは、RPVです。

早速ですが下の画像はX線CTスキャナによる内部観察の一例です。

先日、折れてしまったので、参考にCTにてスキャンしてみたところ内部に隙間が点在していました。

ウィンド

カーボン製のシャフトでウィンドサーフィンに使用するユニバーサルエクステンションという道具です。

スキャンしたものは下の画像の下側の製品です。

P3030002

上側の製品は実際に折損したもので折損箇所がササクレだって観察不能だと判断し、下側の折れてない方を撮影してみました。

寸法計測機能にて計測したところ長手方向で4mmくらいで隙間が0.3mm確認できました。

ユニバーサル

ユニバーサル2

この隙間が良いか悪いかはわかりませんが、ユーザーとしては無いほうがありがたいですね。

皆様の参考になれば幸いです。

X線CTのニュース記事 歯科用X線CT製品化に向けて開発スタート-東北大ほか-

こんにちわ、Web担当です。

医療総合サイト「医療NEWS」によると
東北大学は1月12日、同大大学院歯学研究科が、歯科診断において一台の装置(オールインワン)で診査目的に応じた診査が可能となる「歯科用X線CT装置」の製品化に向けて、他施設との共同研究開発を開始したと発表した。

http://www.qlifepro.com/news/20160115/toward-the-dental-x-ray-ct-apparatus-commercialization-development-start.html
より引用

とのことです。Web担当が歯科に行った時、歯科の先生にお伺いしたところ、現在歯科用のX線CTは3000万円ほどするそうです。なので個人の歯科医院で導入することは費用面で難しいだそうです。安価な装置が開発されて普及すると便利になりますね。
そこの歯医者さんにはX線透過装置(俗にいうレントゲン)はあり、その画像を見せてもらったのですが、歯の詰め物(銀パラジウム)から由来するアーチファクト(ノイズ)が画像処理で軽減されるようになっていて、ちょっと驚きました。
更に余談ですが、弊社のサービスで使用するX線CTの価格は1億~1億5000万円位します。さらに使いこなす技術も必要です。企業の皆様、ぜひ弊社にご用命くださいませ。

ブログの趣旨について

こんにちは、RPVのスタッフです。

このブログではスタッフの趣味や日常をとおしてRPVではどういったことができるのか?を主体としてお伝えしていきたいと思います。時に(ネタが無い時)は、とりとめのない日常的な内容やマニアックだったりすぎる内容もあるかとは思いますが、気長に寛大なお気持ちでお付き合いいただければと思います。