秋の天草で真鯛釣り

というわけで、先日ですが天草になんと「鯛釣り」に行ってきました(^^;

こんにちは、RPVです。久しぶりの釣りネタです。 なんと今回は船で昼間の沖釣りとなりました。

普段は夜の堤防でアジなどの小物狙いなので「鯛釣り」なんて私からするとかなりな大物釣りなので、なんだかすごく緊張します!はたして、私にそんな大物が釣れるのか?

最近は、この1年でなんだかんだで堤防釣りには1回しか行っていません(>_<)

学生時代からの先輩さそわれて、その先輩の所有するボートにての釣行です。マリーナに到着すると、すでにボートは海面に降ろされていました。こんなボートが所有できるなんてホント羨ましい限りですね~!

この日は快晴で気温もちょうどよい感じです。風が少し強いかな~?

船内にはGPSをはじめレーダーや魚群探知機が搭載されています。最近の魚群探知機は魚の探知だけではなく大きさも計測できるそうです。これには探知機の性能にビックリです。魚種とか数も表示されれば、更に最高です(^^;

途中で潮のぶつかるポイントを通過します。かなり海面が荒れていました。ここ有明海は潮の干満が大きいので潮が大きく動くときは多方面からの潮がぶつかりあって海面が荒れるそうです。ということは魚の良い餌場になるということですかねぇ~?

そんなこんなで五和沖に到着です。

先輩の教えのとおりの仕掛けで、(といっても先輩の所有物ですが)竿を出した途端にヒットです。

最初は根掛かりかな?と思ったのですが、強い引きがロッドを曲げてブルブル震えます。

バレやしないかとドキドキしながらリールを巻き上げると、そこにはピンク色をした綺麗な魚体が浮かび上がってきました。おぉ~!っとあまりの展開の速さにオロオロしていると先輩が玉網ですくってくれました。あがってきた真鯛は1kgほどの大きさでした。「よっしゃー!こりゃ幸先良かばい」と竿を振り続け、それから怒涛のごとく3時間くらいで0.8~1.5kgの真鯛が釣れました~(;’∀’)

普段はもっと釣れているそうで、今日はあまり釣れなかったらいく、これから2月くらいにかけてが鯛釣りのシーズンだそうです。でも堤防でこのサイズを釣ったらヒーローですよ!私からすれば今日は大物かつ大漁です(^^;

先輩は普段はどんな釣りをしているんだろう?と素朴な疑問を抱きつつ帰路に就きます。

ここ島原半島と天草下島の間にある早崎瀬戸の真鯛は色がとても綺麗で潮流がはやいこともあって、とても美味しいとの評判です。

帰り際に神経締めのあと更に氷水で締めて拘りの保存方法にてクーラーへ(>_<)

これをやるとしばらくは硬直しないそうです。

帰路はのんびりプチ観光を兼ねてクルージングを楽しみました。

雲仙普賢岳の溶岩ドームです。

天草イルカウォッチングをウォッチングしました(;’∀’)

湯島、別名その形状から台形島と呼ばれています。このあたりも釣りの良いポイントです。

赤い橋が松島橋(天草5号橋)です。

いやぁ~それにしても眺めも最高ですし、この季節の船でのクルージングは最高ですね!

前島橋(天草4号橋)です。

前島橋の下を通過します。右奥にリゾテラス天草が見えます。

リゾテラスの奥にある「わくわく海中水族館シードーナツ」の横を通り過ぎます。

というわけで、楽しかった「大風呂敷鯛釣り&クルージング」は無事に終了しました。

先輩は釣果に満足してなかったようですが、私は大満足です。

先輩からは「刺し身は今夜にでも食べたがよかよ」とのことで当日慌てて刺し身にしました。

身もやわらかく伊豆で買った本わさびとのコラボレーションで最高の刺し身となりました。

先輩にはまた連れて行っていってもらいましょう(^^;

それではまたー(^^)/

 

 

 

 

 

 

EnglishJapanese