Reverse Engineering

RPVのリバースエンジニアリング受託サービス

X線CTスキャンやデジタイザなどを用いて
現物から3Dデータをつくる技術です

材質・大きさ・形状により、X線CTやデジタイザ(ATOS)を使い分けて3Dデータ(STLデータ)を作成します。

STLデータがあれば3Dプリンターで出力することが可能です。

また、設計図面や他の製品と寸法・形状を比較することが可能となります。

RPVのリバースエンジニアリングに使用する装置

RPVではリバースエンジニアリングにX線CT装置と光学式デジタイザを使用します。二種類のスキャンを使い分けて使用することで、内部と表面でデータが正確に取得できます。

X線CT装置の一例

試料内部までデータが取得できます。

光学式デジタイザの一例

製品表面に限りますが滑らかなデータが取得できます。

ボクセルデータからポリゴンデータを作成

X線CTでデータを取得するとボクセルと呼ばれる密度データを持った立方体を取得することができます。

これを集積することにより3Dデータを作成することができます。

設計図のない製品のサンプルや造形師が手作りしたフィギュアの金型など
様々なものに利用することが可能です

設計図のない昔のものから、設計図が存在しない手づくりのものまで、現物から正確な3Dデータを作ることができるリバースエンジニアリングは工業製品や造形の分野など様々な業界で広まりつつあり、利用方法によっては、これからもまた新しい可能性が広がっています。

実際にリバースエンジニアリングでシリンダーヘッド(一部)を再現しました

車のエンジンパーツであるシリンダーヘッドをリバースエンジニアリングで再現しました。こういった内部構造や密度などがわからないものでも、リバースエンジニアリングにより正確なデータで再現が可能です。

シリンダーヘッド(実物)

シリンダーヘッド(一部再現)

内部まで完全再現

この画像はシリンダーヘッドを3Dプリンターで再現し、半分にスライスしたものです。オイル通路(赤色に着色した部分)やプラグの差込口まで忠実に再現されています。

また、外形を無色透明にしたうえで欠陥部分を赤色に着色した物を3Dプリンタで作成することも可能となっております。

納品可能なデータ

リバースエンジニアリングで出力可能なデータ形式は以下の形式になります。

3Dデータ

X線CTまたはデジタイザ(内容によっては両方)でSTL形式のデータを提出致します。IGS・STEP形式での納品もご相談ください。

寸法比較データ

設計図面(または他のサンプル)と寸法を比較し、色分けしたデータを作成致します。

肉厚データ

薄肉部分の厚みを色分けしたデータを作成致します。

納品可能なデータのサンプルダウンロード

リバースエンジニアリング受託サービスで納品可能なデータのサンプルデータをダウンロードできます。
※サンプルデータのダウンロードはサービス検討を目的とした使用に限らせていただきます。